大納言小豆

今日は丹波大納言小豆の研修会です。多くの人たちと丹波市の春日町に来ています。

20160824-01.jpg

この畑は密植栽培です。
20160824-02.jpg

昔から作っている二条植です。
20160824-03.jpg

こちらは一条植です。
20160824-04.jpg

普及所の人は一条植、二条植が刈り取りに良いと話されていました。

反当200kgの収穫を目指して皆さん目を輝かせて説明を聞いていました。

「頑張れ!」
スポンサーサイト

真夏のみつばち

さすがにみつばち達もこの暑さにはたまりません。

20160810-01.jpg

一日中外で涼んでいます。

20160810-02.jpg

毎年この頃になると継箱をしますが、今年はこの状態で見守ります。

何故かというと、継箱をするといつも「スムシ」とスズメバチにやられます。

この状態だと 「スムシ」 も 「スズメバチ」 も近づけないでしょう。

20160810-03.jpg

さて、今年はどうなることやら?

丹波の黒大豆

今年の丹波黒大豆は順調に育っています。そろそろ谷に水を入れてやる時期になりました。

このまま鹿の食害もなければ、秋には多くの黒大豆が収穫できそうです。

20160805-01.jpg

年明けには黒大豆味噌を農業部で作りたいです。

鮎の解禁日

8月1日は毎年恒例の鮎漁(網入れ)の解禁日です。

この日は私が一年で一番楽しみにしている特別な日です。

今年は場所が良かったので結構大きな鮎が多く捕れました。

20160803-01.jpg

親しい知人達に配って喜んでもらいました。

「自然に感謝」

天然うなぎ

丑の日に息子達が近くの揖保川でうなぎを捕ってきました。

ビール瓶ほどの太さの大物は逃したそうですが、食べごろのものを2匹捕りました。

20160802-01.jpg

天然物はお腹が黄色いのが特徴です。

20160802-02.jpg

身が締まって、とても美味しく頂きました。

「自然に感謝」
プロフィール

Author:兵庫確認農業部
田舎の子供達でさえも今では田や畑を手伝うことも少なくなった。
自然と触れ合いながら安心安全な食べ物を自分たちの手で作る。そんな思いから農業部は生まれました。

サツマイモや黒大豆の収穫、田植えや稲刈りのお手伝いなど・・・

参加者募集中です。
担当:農業部長 山本

ニホンミツバチ飼育の「蜂友」も募集中です!

お問い合せは
下のメールボタンで!

      


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR