FC2ブログ

今年も

夜の10時

今年も揖保川で息子達が獲ってきました。

今年のうなぎは大物です。天然物のうなぎは腹が黄色く、脂がのりのりです。

20190806-01.jpg

捌いてタレを付けずに白焼きで頂きます。

20190806-02.jpg

「感謝」
スポンサーサイト

安納芋畑

芋だか草だか分からない状況で「可愛そう」

20190717-01.jpg

手を掛けてやらないと駄目ですね。

20190717-02.jpg

20190717-03.jpg

梅雨が明けたら何とかしなくちゃ・・・

黒大豆とエゴマ

黒大豆の谷上げを行い、株に土を寄せました。

1/3程が鹿によって食われています。

20190716-03.jpg

これだけ多く草が生えているのに、どうして人間と同じものを食べたがるのでしょうか?

20190716-04.jpg

草茫々のエゴマ畑でしたが、こちらも谷を上げて株に土を寄せました。

20190716-01.jpg

エゴマは鹿も食べません。

20190716-02.jpg

どうしてなんでしょう?不思議ですね。

修験道という生き方

この本を読むと仏教の歴史が理解しやすいというか、何も知らない私に多くの事を教えてくれる。

明治まで日本の風土と共に共同体の信仰として生まれ育った修験道が何故法律によって葬り去られたのか?

伝統木造がこの世から亡くなっていく過程と通じるものがあるように思うのは私だけだろうか。

一読をおすすめします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

修験道という生き方 (新潮選書) [ 宮城 泰年 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/6/25時点)


梅シロップ

人工の物を何一つ加えない。

梅の実を日本ミツバチの蜜に漬け込んで1週間。

美味しい梅シロップの完成です。

その味は何とも言えぬ 「至極の味」

20190624-01.jpg

20190624-02.jpg

疲労回復と美容に良いとの事。

自然の恵みに 「感謝」 です。
プロフィール

兵庫確認農業部

Author:兵庫確認農業部
田舎の子供達でさえも今では田や畑を手伝うことも少なくなった。
自然と触れ合いながら安心安全な食べ物を自分たちの手で作る。そんな思いから農業部は生まれました。

サツマイモや黒大豆の収穫、田植えや稲刈りのお手伝いなど・・・

参加者募集中です。
担当:農業部長 山本

ニホンミツバチ飼育の「蜂友」も募集中です!

お問い合せは
下のメールボタンで!

      


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR